映画「アバター」のヒロインが統合失調症になったことを告白


大ヒット3D映画「アバター」でヒロインを演じた女優ゾーイ・サルダナが、多忙のために統合失調症になっていたそうです。

Usウィークリー誌によれば、2009年に公開された2作品で大ブレイクし、一躍スターダムにのし上がったラッキーガールとして世界中から注目を集めるようになったゾーイ本人が、「12月に『アバター』が公開された後、何だか気持ちがいっぱいになっちゃって、統合失調症に陥ってしまったの。(プロモーションのために)時差のある世界中を旅してたから肉体的にも疲れきっていて、精神的にも壊れちゃったのよ」

『アバター』のヒロイン、大ヒットのせいで統合失調症になったことを激白 – MovieWalker より

海外では色々なカミングアウトがされていると思うのですが、統合失調症もカミングアウトできるんですね。
日本ではまだ女優では聞かないですよね。

有名な人が告白することで、病気のイメージが少しでも改善すると良いのですが。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿