ユーミンの「メンヘラ?早く滅びておしまい!」発言

歌手の松任谷由実さん(ユーミン)のツイッターが物議を醸しています。

本人の発言

メンヘラという少し差別ニュアンスを含むスラングである単語を使って「滅びておしまい!」とか言われると、当事者としてはちょっとドキッとしますね。
単語そのものが滅びて欲しいねという意味なのだと思いますが。

そして、どうやら、新しい単語ができるとそれに甘える人が許せないそうです。
しかし、好んでフリーターになる人は少数で、多数は正社員になりたくてもなれなかった人なのではないでしょうか。
ユーミンが雇用統計を押さえているとは期待していませんが、肌感覚で理解できないんでしょうかね。
昔のようにファミレスで若い人の会話を盗み聞きされた方が良いのでは。

この発言には当然のように直接の反論コメントが多数寄せられました。

その後、芸能ニュース記事にもなっています。

松任谷由実のTwitterが炎上 暴言連発の訳はネットの使い方がわかってない? – ライブドアニュースarchive

ユーミンの歌や歌詞が素晴らしいのはずっと変わりが無いことだと思います。
62歳ですがニューアルバムも発売予定と精力的に活動をしています。

ただ、ツイッターは自分の主張を正直に述べる場所としては、既に有名な人には不適当だと思います。
和田アキ子さんも過去に芸能人のプライベートを暴露してしまうというネットリテラシーの低さを見せました。
面倒でもマネージャーに送った文章をチェックしたうえで代理投稿してもらったほうが良いと思いますけどね。

あと、もちろん、精神障害者に対するスティグマは私も「早く滅びておしまい!」と思います。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿