精神病の再発防止策としてのWRAP(元気回復行動プラン)

精神病の再発は絶対に防いでください。再発覚悟で働くとかダメです。
私の場合、1回の発病で(そこからの回復時に)脳の性能が1割減に落ちた感じがします。
2回目もやったので、0.9 × 0.9 = 0.81 で元々の8割くらいしか脳が働いていないように感じます。
再発するごとに、確実にバカになりQOLが下がります。

再発を防止するには、その前段階の「黄色信号」の状態で気づくことが大事です。
そのために使えるのが「WRAP(元気回復行動プラン)」です。

これはどういうものかと言うと、自分で作る自分の危機マニュアルです。
こういうサインが出たら黄色信号とかの情報を予めリストアップしておき、危険域に近づいたことをセルフチェックできるようにします。その他に普段の生活で取り入れたいことなどもリストアップしておきます。

自分のことを冷静に把握しておくということは大事で、WRAPはその大きな助けになります。
紙と鉛筆があれば作ることができますから、簡単です。

WRAPについては書く項目など過去記事に書いてありますので、こちらのカテゴリ一覧からご参照ください。

WRAP(元気回復行動プラン)

解説書はコンボ(地域精神保健福祉機構)のページで買うことができます
元気回復行動プランWRAP | COMHBO地域精神保健福祉機構
※一般書店やAmazonなどでは売っていません

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

精神病の再発防止策としてのWRAP(元気回復行動プラン)」への2件のフィードバック

  1. SKishi

    最近、Slow WRAP Classに参加していないのですが、元気に役立つ道具箱などを書き加えて、100個以上になっています。
    iPhoneで良く見ながら自分の精神的健康に役立てています。

    1. アスカ 投稿作成者

      >SKishiさん
      WRAPを作っておくと役に立ちますよね!
      もう少し世の中でメジャーになっても良いと思います。

コメントは停止中です。