松岡修造の言葉。

無駄に暑いポジティブ男といえば松岡修造さん。

でも、修造さんも過去につらい思いをしているんですよね。

「基本的に人間の思考は7、8割がネガティブなもので成り立っていて、意識しないとマイナス方向に流れていくものだと思います。僕自身、現役時代にけがをしたり、入院したり、苦しんだ時期がありました。

あれだけ明るい方が、人間の思考のほとんどがネガティブなものであると言っています。

『いろんな経験をして、たくさん考えて、一所懸命やっているつもりなのに、なんでオレだけダメなんだ!』って思いたくもなります。だけど『なぜだ? なぜだ?』という考え方から、あるとき『どうやったら?』に変わったんです。WhyからHowになって、『どうやったらこのけがを乗り越えられるか』に変わったんです。それが、今の僕の根本的な考え方になっているんです」

そんな中でも、WhyからHowに思考を変えることで乗り切れたと教えてくれます。

私たちもいきなり修造さんのようには行きませんが、
少しでもWhy思考からHow思考になれるようにしたいものですね。

松岡修造  人間の思考は7、8割がネガティブなもので成り立っていると解説
 誰もが認める「日本の応援団長」・松岡修造さん。『報道ステーション』(テレビ朝日系)のスポーツコーナ……….≪続きを読む≫

アメーバニュースより

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

松岡修造の言葉。」への2件のフィードバック

  1. ラテ

    さすが世界で活躍された方。
    良いこと言いますねぇ。

    なるほどぉって思いながら、読ませていただきました♪
    何かあったら、whyでなく、how。心したいと思います♪

コメントは停止中です。