知っておきたい障害年金の3つの請求タイプ

140917_checkbox_ac

障害年金の請求にはタイプが3種類あります。
1)本来請求
2)遡及請求
3)事後請求

1)「本来請求」の場合
認定日から1年以内に請求する場合。
必要になる診断書は障害認定日から3ヶ月以内のもの1枚。
これで申請できるのが一番ですが、その時に制度を知らないと申請できません。

2)「遡及請求」の場合
最大5年間さかのぼって請求する場合。それ以上はさかのぼれません。
必要になる診断書は障害認定日から3ヶ月以内のものと、現在通院中のものの2枚。
私はこれで請求が通りました。準備する書類の量が増えますが、もらえる金額が桁違いです。

3)「事後請求」の場合
障害認定日には障害に該当せず、現在は障害の状態にある場合はこれに該当。
必要になる診断書は現在通院中のもの1枚。
タイミングが悪くて障害認定日には普通に働いていたけど、その後に具合が悪くなったという場合でもあきらめずに、これで申請できる可能性があります。

「受診状況等説明書」が必要な場合
初診日と障害認定日の病院が異なる場合、初診日の病院に書いてもらいます。
カルテ(原則5年保管)がある場合はよいですが、病院自体が閉院などの場合には難航することも。
その場合でも次の病院に元の病院からの紹介状の記録があればそれで証明できる可能性もあります。

ポイント
障害年金はその制度があることも良く知らずに何年か経ってしまってから請求する人も多いと思います。
その際に「遡及請求」ができるかどうか検討してみて下さい。

遡及請求が通ると最大5年分さかのぼって障害年金が受け取れるため、過去分の受取額が数百万円になる場合もあります。厚生2級が通ると5年で500万円以上にはなるのではないかと思います。
経済的に全然違いますから、障害者になった期間のなるべく全てについて障害年金がもらえるように努力しましょう。

プロに聞いてみましょう
障害年金の制度はそこそこ複雑ですから、全貌を知っているプロの人に相談するのがおすすめです。
「そもそも年金をもらえるかどうか」を教えてもらえると思いますので、まずは近くの社労士を探して問い合わせてみてくだい。
その際に前回書いた「初診日」「障害認定日」「年金支払い状況」を整理しておくと良いでしょう。
初回相談は通常は無料だと思います。正式に依頼して契約書を交わしてから費用が発生します。

次回は自分で用意する書類について書きたいと思います。

■障害年金について■
No.1 障害年金申請を考える時にまず確認したい事項
No.2 知っておきたい障害年金の3つの請求タイプ (当記事)
No.3 障害年金申請で必要な「病歴・就労状況等申立書」のポイント
No.4 障害年金申請用の診断書が思っていたのと違う場合どうするか
No.5 おすすめ本「誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント」

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿