「お笑い芸人は統合失調症と双極性障害の特徴を持つ傾向が強い」という研究

150116_Entertainer_sxc

なんとなく薄々とは感じていたことが研究で明らかになりました。

この研究は、オックスフォード大学の研究です。
イギリスのお笑い芸人と俳優にアンケートを取ったところ、お笑い芸人は、統合失調症と双極性障害の特徴を持つ傾向が高かったそうです。

研究者によると、「ギャグを生み出すのに必要な創造性は、統合失調症や双極性障害の認知スタイルとよく似ている。重度の統合失調症は「笑い」に悪影響をもたらすが、軽度の場合は、常識から外れた思考や変わったアイデアを生みやすくする」とのことで、まさに私たちがよく知っているあの芸人さん=松本ハウスのハウス加賀谷なんかが当てはまると思います。

研究について詳しくはこちらで
研究者「お笑い芸人は統合失調と双極性障害(躁うつ病)の特徴を持つ傾向が高い」 – バズプラスニュース Buzz+

私が思うに、統合失調症や双極性障害の人の発想力はもっと資源として社会に還元されて良いと思います。
たとえば、ネタ切れに困っている漫画家などにアイデアの源泉をもたらすとか。
たぶん、とても奇抜でシュールなネタが簡単に出てくるのではないでしょうか。

ハウス加賀谷の本を読んだだけでも、スナイパーに狙われているとか色々ありましたよね。
それだけで一つのお話が書けそうです。
誰かこの社会的資源をうまく活用しないかしら。

ハウス加賀谷のとても面白い本です!

統合失調症がやってきた
ハウス加賀谷 松本キック
イースト・プレス

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿