スローWRAPクラスで「学ぶこと」「自分のために権利擁護すること」を考えました

自分が学びたいことを整理する時間が持てて良かったです。

私は病気になってからのほうが、健常時よりずっと勉強しています。
それは自分に病気というテーマができたからです。

これだけの情熱で学生時代の若い頃に勉強できていたら、人生違ってたかもしれません。

しかし、学びに年齢制限はありません。
したいと思ったときが、すべき時です。

私は今は1ヶ月に10冊以上の本を読んでいます。

また、今日届きましたが、「こころの元気+」のようなメンタル系雑誌も購読しています。
もちろん、メンタル疾患や障害者就労に関するイベントにも出かけて情報収集もしています。

知ると言うことに限りは無く、知りたいと思う限り、色々な情報が飛び込んできます。
まずは学ぼうという意欲が大切です。

また、「自分のために権利擁護する」ことでは、メアリー・エレン・コープランドさんの定めた「個人の権利憲章」という27ヵ条の項目を教えていただきました。

入院していた時に気づいたのですが、世の中には自分の権利擁護がうまくできない人がいるのです。
その精神当事者は、すべてのことに遠慮してしまうあまり、飲食店の利用すらうまくいかないらしいです。
この権利憲章を見せてあげられたらと思います。

権利擁護とわがままとの違いについても考えました。
わがままは、相手に言うことをきかせようとする一方的なもので、
義務や責任を果たさずに主張することだ、という意見が挙がりました。

スローWRAPクラスは、WRAPのひととおりを半年にわたって勉強してきましたが、
来月の11月6日の分からは、また最初に戻り、WRAPの1つめの道具箱から作るようです(伝聞なので確かではありません)
新たに参加されたい方には絶好の機会ではないでしょうか。

詳細・お申し込み方法は以下のページに書いてあります。
ヒマワリ Slow WRAP Class(スロー ラップ クラス) | カフェスローに集う ~ イベントカレンダー ~

Facebookページも開設されています
あじさい Slow WRAP Class
いいね!ボタンを押しておけば、最新情報が自分のニュースフィードに表示されるようになります。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿