統合失調症でも運転免許の更新はできるのか5問の質問票

driver
2014年6月1日から、改正道路交通法が施行されました。
車の運転に支障をきたす病気の発症があったかどうか尋ねる質問票に答える義務が課されます。
虚偽申告の場合は、「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」の罰則があります。

以前から「てんかん」や「統合失調症」の人向けの質問がされるような報道されていましたが、実物の質問票を見るとそれだけではない印象です。

質問票の内容
「はい」または「いいえ」にチェックを付ける形式

1.過去5年以内において、病気(病気の治療に伴う症状を含みます。)を原因として、又は原因が明らかでないが、意識を失ったことがある。
2.過去5年以内において、病気を原因として、身体の全部又は一部が、一時的に思い通りに動かせなくなったことがある。
3.過去5年以内において、十分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、日中、活動している最中に眠り込んでしまった回数が週3回以上となったことがある。
4.過去1年以内において、次のいずれかに該当したことがある。
 ・飲酒を繰り返し、絶えず体にアルコールが入っている状態を3日以上続けたことが3回以上ある。
 ・病気の治療のため、医師から飲酒をやめるよう助言を受けているにもかかわらず、飲酒をしたことが3回以上ある。
5.病気を理由として、医師から、運転免許の取得又は運転を控えるよう助言を受けている

実のところ、あまり統合失調症にフォーカスした質問にはなっていないと感じました。
どちらかというと、意識を失う重度のてんかん、睡眠時無呼吸症候群などによる異常な眠気や居眠り、アルコール中毒などがメインです。
私は「幻覚を見たことがある」「自分に指示する声が聞こえる」等の質問があるものかと身構えていましたが、空振りでした。

この質問票では統合失調症や双極性障害のような異常にハイになって判断力がにぶるケースのあぶり出しは無理そうです。
なぜなら本人が問題を感じていないことも多いからです。
よっぽど医者が強く止めない限り、「はい」にチェックは付かないでしょう。

この質問票には日付と署名欄があり、虚偽の申告をしないように書かれています。
病名の記入は必要ありません(欄が無い)

実は前から免許更新時に提出する書類の「病気の症状等申告欄」にて「運転中に意識を失ったことがある」等の質問は幾つかありましたが、罰則規定はありませんでした。

今回は質問の内容がより具体的になり、罰則規定があるのが変化です。

以前に、ドライバーが運転中に意識を失って死亡事故を起こすという痛ましい悲劇が起きており、病気隠しが出来ないようにする施策です。

この改定によって、防げたはずの事故が起きることが減るのでしたら意味はあると思います。
かといって、病気による差別が正当化されるようなことは避けなければなりません。

今後質問票の質問が追加されるのかどうか等、見守っていく必要がある事柄だと思います。

東京都のページに掲載されている警視庁の広報ページに改正ポイントが書いてあります
広報けいしちょう第65号 警視庁の「中面」のPDF内に掲載

改正道路交通法施行(6月1日~) 他 広報けいしちょう第65号web版 :警視庁(Web版はリンク切れ)

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

統合失調症でも運転免許の更新はできるのか5問の質問票」への2件のフィードバック

  1. SKishi

    私にとって運転免許証は必要なので、この度の記事は大変参考になりました。
    この5つの質問を見るかぎり、私には該当しないので安心致しました。

    1. アスカ 投稿作成者

      >SKishiさん
      心配していた割に、引っかかりもせずという感じですよね。
      私は運転しないのでただの身分証明書になっていますが。

コメントは停止中です。