「メンヘラ展」が阿佐ヶ谷で開催されます(2月4日〜12日)

150202 Paint Bucket sxc
精神疾患を抱える現役芸大・美大生を中心としたグループ展「メンヘラ展 Special」が2月4日〜12日にかけて、阿佐ヶ谷・TAV GALLERYで開催されます。

タイトルだけ一見すると、カジュアルな「なんちゃってメンヘラ」のクソイベントに見えてしまうかもしれませんが、出展者のプロフィールを読むとれっきとしたアート展のように思います。

主催者は東京藝術大学油画科に在学する学生・あおいうに氏で、自身も物質誘発性精神病性障害を抱え、現在精神科に入院中。

「メンヘラ展」は2014年に2度開催され、出展者にはうつ病や摂食障害、パニック障害、境界性人格障害といった障害を抱える人々が並び、2度の開催で約1,500人の来場者を記録した。

(略)

同展では、キュレーター兼作家であるあおいうに氏のほか、統合失調症(現在は寛解状態)を抱える東京藝術大学先端芸術表現科の池田サチ氏、うつ病・パニック障害・統合失調症を抱える多摩美術大学絵画学科のナカバヤシアリサ氏 、2014年に統合失調症の2人展「妄想の木星2℃」を開催したグラフィックユニット・「2r」代表の中村雅樹氏、強迫性障害を抱える会社員・Fluyn氏の計5人が参加する。

“メンヘラ”芸大・美大生らによる「メンヘラ展」阿佐ヶ谷で開催 | マイナビニュース (魚拓)

今までの障害者アート(アールブリュットなど)は「埋もれた才能を発掘する」人(上から目線)が必要でした。
しかし、今回は表現者である自分たちで展示をするというのです。

しかも美大系でアートを勉強している人が多くて、作品のレベルがかなり高いです。
障害者アートにありがちな「かわいそうな人」像はここにはありません。

本展のねらいについて、あおいうに氏はこう書いています。

この活動を続けていくことで、メンヘラ展という記号を使ってメンヘラのアートが一種のムーブメントとなり、メンヘラ達がより社会と繋がることが出来るようになること。それが、メンヘラ展の大義なのです。

社会に潜んでいるメンヘラの存在が、表に出て行こうとしている活動を目撃してみませんか。

作品を見てみる
「メンヘラ展 Special」[ 2/4 (wed) – 2/12 (Thu) ] | TAV Gallery

詳細情報
展示会名 : メンヘラ展 Special
会期 : 2015年2月4日 (水) – 2月12日 (木)
会場:TAV GALLERY (東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-31-2)
時間:11:00 – 20:00
休廊:期間中全日開廊
出展者 : あおいうに , 池田サチ , ナカバヤシアリサ , 中村雅樹 , Fluyn , 江崎びす子
キュレーター : あおいうに

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿