おくすり手帳が義務化されました


4月から調剤薬局で「おくすり手帳」が義務化されました。
今までもおくすり手帳をもらって溜めていた私には、若干の値引きになります。

以前は薬剤服用歴管理指導料30点+薬剤情報提供料15点=45点 だったものが、
薬剤服用歴管理指導料=41点 になったからです。

逆に今までおくすり手帳をもらっておらず、15点を払っていなかった人には11点の値上げになります。
といっても、もう義務化されたので、お薬手帳をもらわないことにしたとしても、
薬剤服用歴管理指導料=41点 を払うことには変わりありません。
(おくすり手帳を受け取らないことにしても払う金額は変わらないことになります)

調剤薬局はどこも、この説明のために、いつもより時間がかかるようになっていると思います。
決まり文句は「東日本大震災の際に、おくすり手帳が役に立って/無いと困って」です。
例えば家族が急に倒れた場合なども、普段飲んでいるお薬が分かった方が便利です。

逆に、風邪薬など一時的にしか飲まない、どれを飲んでもあまり変わりない薬の処方にも
同じだけの料金が勝手に掛かってしまうのは、ちょっともったいない気もしますが、
その線引きがきっちりと出来ない以上、今回の改訂は仕方ないかなと思います。

おくすり手帳は病院を変わるときにも、自分で持ち越せるものですから、
大切に保管しておきたいですね。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

おくすり手帳が義務化されました」への2件のフィードバック

  1. SKishi

    調剤報酬って全然理解していなかったのですが、考えてみるきっかけになりました。
    お薬手帳は過去4冊分くらい所持していますが、それで何か得をするのですか。まあ、自分で調べてみますが。
    そういう事を調べてみるきっかけを与えてくれるので、アスカさんのブログは読む価値があります。

    1. asuka 投稿作成者

      >SKishiさん
      私は、おくすり手帳は、前回と違う処方になったところにマーカーで印をつけて増減が分かるようにしています。
      増減により体調が良くなったか悪くなったかは、スケジュール手帳につけているので、照らし合わせると分かるようになっています。
      あと、金輪際絶対もう飲みたくない薬を忘れないようにするのにも役立ちますね。

コメントは停止中です。