統合失調症のゼルダ

統合失調症だった有名人を挙げて行こうと思います。
タイトルは某ゲームの姫ではありません。
最近ではブラッド・ピット主演の「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」という映画が公開されていましたが、その原作者のF・スコット・フィッツジェラルド(「グレート・ギャツビー」で有名)の奥さんのことです。

ゼルダは社交界の花としてもてはやされ、その中でイケメンで作家の卵のスコットと出会い結婚。スコットの小説は売れて有名になっていきます。
当時のセレブとしてパーティーに明け暮れるなど華やかに暮らしていましたが、徐々に精神を病んでいき精神分裂病(当時)と診断されました。

入退院を繰り返し、病院から支離滅裂な手紙をスコットに送りつけたりもしています。
最後は入院した病院が火事になって焼死。激しい人生でした。

1920年代”ジャズ・エイジ”を代表する女性で、自由奔放で人を惹きつけてやまなかったゼルダ。いつまでも二十代の若々しさを保っていたそうです。

以前少しだけ知っていた彼女ですが自分と同病と知り調べてみたら興味深い人物でした。
当時のアメリカ文化などを伺い知ることが出来る「ゼルダ 最後のロマンティシスト」ジル・ルロワ著がおすすめです。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿