「自分を支える心の技法」で心について考える

Crochet My Heart

心って何だろう?
自分にとってより良い心の持ちようとは?

この本は、人間の最初の感情から始まり、主に「怒り」について触れられており、自分の心について考えてみる良いきっかけとなると思います。

赤ちゃんはなぜ泣くのか?
人間の最初の感情は怒りであるとしています。
”僕たちは人生の最初に、怒り、泣きわめくことによって、自分の不快を除去することを学ぶ”

だからこそ、
”僕たちは、もっとも自分のことを気遣ってくれる人に、もっとも感情的な怒りをぶつけてしまうことを宿命づけられた存在なんです。”
とあるように、大切な人だからこそ怒りの感情をぶつけてしまう。

では、怒りを減らすにはどうしたらよいのか?

”「ありとあらゆる要素が絡み合ってこの世界が立ち上がっている」と実感して初めて、僕らは「必然性」を信じられるようになる。
そして、必然性を信じられた分だけ、怒りが減っていくんです。”

怒りの原因は常に自分にあると知ることも大切です。
”怒りを消すのはほかの誰でもない、自分の仕事です。”

また、明るく過ごすにはという章もあり、
”自分が生きている時間の中にたくさん節目をつくっておくのが、明るく生きるコツなんです。”
この節目はお茶やお花などの習い事などが含まれています。

”自分の心の中には宇宙にも負けないくらい、汲めど尽きせぬ知の泉がある。”
つい、外に色々なものを求めてしまいがちな私たちですが、自分の内側ももっと探求してみましょう。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿