自立支援受給者証の病院変更や住所変更の手順

しばらく更新できませんでしたが、久しぶりの更新です。
住居を引っ越しましたので、転居に伴う住所変更・病院変更をした際のメモです。
私の場合、県をまたぎましたので、このような手順となりました。

手順
1. 元の病院での紹介状を書いてもらう(新住所での病院が決まっていない場合は無宛先で書いてもらえます)
2. 元の地方自治体での転出届を出す
3. 実際に引っ越す(お引っ越しは大変です。頑張って下さい!)
4. 引っ越し先で転入届を出すと同時に新住所での住民票をもらう。これは出張所などでもできます。
5. (オプション)自動車免許をお持ちの方は、警察署か免許センターで住所を変更する(この際に住民票をチェックされます。)
6. 新住所での病院と調剤薬局(病院だけでなくこちらも忘れずに!)を探しておく。施設名と住所と電話番号を控えておく。
7. 役所の健康づくり課や福祉課といった、それっぽいところを探して自立支援の変更をする。
この際に持っていくものとしては、①自立支援受給者証 ②健康保険証 ③認め印 (あれば④障害者手帳)
④の障害者手帳を持っている人は、同時にこちらの変更もできる。
8. 自立支援変更の控えの紙を持って新病院に行く。発行前でも1割負担にしてくれるところもあるかもしれない。
9. そのうち新受給者票・新障害者手帳が届く。
10. 3割負担だった場合は、払いすぎた分を返してもらう。
(完了)

初めて転院した病院の初診時に持っていった方がよさそうなもの:
・おくすり手帳過去分
・自分なりの病気年表など話を忘れずにできるためのメモ
主治医の紹介状には本当に簡単にしか病歴が記されませんので、長期間療養している人は自分なりに資料をまとめておきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

久しぶりなので押していって下さいな~。ポチッ!
メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿