当事者ブログの始め方(1)5つのメリット

私のブログに来てくださる方で、自分もブログやろうかなという人に役立つ情報シリーズです。

まず、当事者として病気を開示したブログを開設するメリットを挙げます。

1 ブログは自分のために始めるもの。
その時々で書きためたブログは自分の知的財産になります。
書かないとその思考や経験は失われます。あなたの記録をつけましょう。
誰かが見ているという場に書くことは良いことです。

2 自分は一人では無いことが分かる。
ブロガー同士の交流も発生し、同じ病気や、医療・福祉関係者との繋がりができます。
ブログがあった方が、次回会った時のネタにもなります。

3 ブログはほったらかしで語ってくれる。
一度文章化しておけば、それは他の人に雄弁にあなたという人を語ります。
名刺や自己紹介など「このブログ見ておいてね」で、自分のことが分かってもらえます。

4 自分だけの貴重な経験や思考が他の人にも分けられる。
自分はこんな症状があるけどこういう風に対処している、など、自分の経験が他の人の役に立ち感謝されることもあるかもしれません。

5 ブログは調子のバロメータ。
不調なときは書けなくなったり、逆に躁状態の時は書きすぎちゃったり。
自分の調子が把握できるようになります。

逆に、デメリットです。
1 個人情報の特定に注意。
何でも正直に書いてしまうと、個人が特定されてしまうかも知れません。
本名で堂々と書ける人は良いですが…。いちおうネットは誰でも見られるものなので。

2 変なコメントが来るリスク。
私は一度もありませんので、あくまでも潜在リスクです。
ブログを書く以上は、どんなコメントが来るか分かりません。
でも、会話も同じですよね?理由無くいきなり罵倒されることなど、まずありません。

3 時間の浪費に注意。
ブログにハマるばかりに他にやらなくてはならないことが疎かになる危険性があります。
やり過ぎには注意が必要です。

と、まぁ、挙げてみましたが、いきなり超人気ブログになるなどしない限り、
デメリットはほとんど発生しません。
やってみて、ダメだと思ったら、やめればいいのです。

こちらの本にはブログを続けて自分の人生の糧にする方法、続ける秘訣などが書かれています。

「手帳ブログ」のススメ
大橋 悦夫
翔泳社

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿