「メンタルヘルスユーザーのための健康生活ガイドブック」が無償配布

ヤフトピにも載った産経新聞の記事「精神疾患のある人、身体合併症に注意 薬の副作用、生活習慣に問題」は読まれましたか?

精神疾患患者の退院後死亡率は一般人の2倍で、特に循環器、呼吸器疾患による死亡が多かったそうです。

統合失調症や鬱病などの精神疾患をかかえる人たちは、糖尿病や高血圧、心臓疾患などの身体合併症を発症する割合が高いとされる。原因は、薬の副作用や不適切な使用のほか、運動不足や不規則な睡眠など生活習慣の問題が絡む。「精神科に通っているから」と安心せず、定期的に健康診断を受け、合併症を引き起こさない生活を心掛けることが大切だ。

詳しくはこちらの記事をお読み下さい。
(リンク切れ)精神疾患のある人、身体合併症に注意 薬の副作用、生活習慣に問題+(1/3ページ) – MSN産経ニュース

で、3ページある最後のところまでたどり着くと、なんとNPO法人コンボでは6月15日まで「メンタルヘルスユーザーのための健康生活ガイドブック」を無償配布しているとのこと。
「からだの病気から身を守るための7カ条」や日常生活のチェックポイント、かかりやすい病気とその予防法、定期健康診断の利用の仕方などを紹介している。ということです。

 無償ですが申込には切手(200円分)を貼ったB5版以上の大きさの返信用封筒が必要なので、リンク先を最後までよーーく読んでから応募して下さい。

私も糖尿病になりやすいとされる薬や血中濃度が上がりすぎると良くない薬を飲んでいるので、定期的に血液検査を受けています。
最近おデブ気味だからコレステロール値が高いことが見つかってしまいます。
いやだけど、受けよう!定期検査。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
↑この記事が役に立ったらアヒルをポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

「メンタルヘルスユーザーのための健康生活ガイドブック」が無償配布」への4件のフィードバック

  1. SKishi

    他の本を買いに一度コンボに行こうかなと思っていたのですが、直接コンボでこのガイドブックを貰えるのですかね。コンボに電話して確かめたいですね。
    多分、郵便で申し込むのと、直接コンボに行くバス代を使うのと、大して違わないと思います。

    1. asuka 投稿作成者

      >SKishiさん
      返信用切手200円と送付用80円切手がかかりますからね。
      行っても良い時間帯など尋ねてみては。

  2. SKishi

    今日、コンボへ行って、1冊もらって来ました。
    SASE+切手代より安かった上に、IPSの本も買えました。

    1. asuka 投稿作成者

      >SKishiさん
      コンボの本はAmazonとかで買えないから(全部ではないかも)、たまにイベントで書籍出店があると買おうか逡巡しますね~。
      私はこの冊子は郵送で申し込みました。

コメントは停止中です。