飲み忘れを防ぐお薬カレンダーの無料ダウンロード

calendar

お薬を忘れること無く飲み続けることはとても大事です。
でも、よく忘れてしまう…。
そんな方には、「お薬カレンダー」が有効です。

(こちらのPDF配布は残念ながらリンク切れになってしまいました)
こちらのサイトでは市販もしているお薬カレンダーのPDFを無料で配布しています。
お薬カレンダーの無料配布、販売サイト(介護者の方にも) – Localizations
こちらのカレンダーを印刷して、両面テープを貼り、そこにお薬を貼り付けます。
飲み忘れたら日付にお薬が残ったままになりますので、一目瞭然です。

(この記事を最初に書いてから時間が経ち、お薬カレンダーの市販品が増えましたので、そんなに高額な商品でもないので購入をご検討ください)

カレンダーに貼れないくらいお薬がたくさんあるんだけど…という方には、私が以前に書いたこちらの記事をご参照下さい。
お薬を忘れずに飲むのが大変?絶対に忘れないための3つの工夫
ここにも書いてあるとおり、お薬が何種類もある場合は「一包化」が有効です。

服薬管理は命の次に大事です!!

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

飲み忘れを防ぐお薬カレンダーの無料ダウンロード」への3件のフィードバック

  1. Deen

    分包化とお薬カレンダーはかなり有効ですね。
    こちらも実践しております。
    しかし、正社員で仕事をするとなるとお昼の薬がネックに
    なってきます。

    1. アスカ 投稿作成者

      >Deenさん
      私もお昼の薬ありましたけど、普通に社員食堂で飲んでました。
      気になるなら給湯室とかで飲めば大丈夫じゃないですかね?
      あとは、朝か夕に寄せてもらうことも可能かもしれないですよ。私は薬を寄せまくって昼と寝る前の2回しか飲んでいません。

  2. Deen

    ご返信ありがとうございます。
    可能ならそうしたいところですが、予防として、
    飲んでます。また昼はマイナートランキライザーだけで少し眠くなりますね。
    言葉足らずですみません。
    健康管理室で飲むのも手ですが。

コメントは停止中です。