farewell! 私の過去の話

会社でお世話になった方々に退職のメールを出したら、返事が予想外に来て驚いています。
もうあまり音信不通な感じになっていた人とかからも連絡があって、Facebookの友達が増えました。

computer room

特に現場にいた頃は、仕事は厳しくて大変だったけど、プロジェクトが同じ人は共に困難をくぐり抜け、戦友のような結束がありました。
私は体力的に、もうあんなに働くことはできないでしょう。

家に帰る時間がもったいないから、職場の近くにホテルを取ってもらって深夜まで残業や徹夜をしたこともありました。
タクシーチケットもちり紙のように使っていました。
ITバブルが華やかなりし日の話です。

業界はお金はあっても、深刻な人手不足。一人で何人分も働きました。
私の貯蓄はあっという間に大台を超えました。使う時間がありませんでしたから。

少しでも止めたら新聞沙汰になる重要なシステムとずっと関わっていくうちに、
私の緊張感もどこかで振り切れました。

結婚を機に、現場から社内の部門に仕事を変えてもらいましたが、
なんだかだるくて会社に行きづらく朝が起きられなくなり、気づいたらうつ状態に。
重い腰を上げてメンタルクリニックの扉をたたきました。

そこで最初はうつ病と診断されて、生まれて初めて精神病の判定を受けました。
実は統合失調症だったので、うつ病の薬はあまり効かずに、その後陽性症状が起こり、入院沙汰になります。

私は最初から遺伝子としては統合失調症になる因子をたくさん持っていたことと思いますが、
運良く、社会人を長く勤めてからの発病となりました。

ひょっとすると、そんなに激しく働かなかったら、一生発病することもなかったかもしれませんが、
あの世界を見られたのは私にとって大きな収穫でした。

一文字でもプログラムが間違っていたら、一手順でも操作ミスがあったら、多くの人に迷惑が掛かってしまう。
そういう緊張感を持った職場。私は好きでした。

でも、その世界とはもうおさらばです。

社会インフラのすぐ裏には同じ人間がいて多大な努力を必死で続けている。
そのことに感謝しながら生活していきたいです。

「なかのひと」はあまり表に出て来ませんが、血も涙もある「人間」なのです。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

farewell! 私の過去の話」への2件のフィードバック

  1. ティッキー

    初コメントさせていただきます。
    ティッキーと申します。
    ワタシもちょうど退職などを考えていたので
    とても参考になりました。
    一文字でも間違えたらアウトなんて考えるだけで凄まじいです!!
    「会社を辞める前に障害者手帳を」の記事も本当に参考になりました。
    アスカさんありがとうございます!!

    1. アスカ 投稿作成者

      >ティッキーさん
      コメントありがとうございます。
      退職は用意周到にやりましょう。
      制度のことは知らないと誰も教えてくれないですからね…。
      とにかく関係各所(会社、健保組合、役所、税務署、国税庁)に電話で聞きまくるのがいいですよ。

コメントは停止中です。