増えつつある?統合失調症の有名人カミングアウト

Man with a megaphone
最近知った有名人の統合失調症のカミングアウト。

 まずは、松本ハウスのハウス加賀谷。

この方は既にお笑い方面では有名なようですね。
私は病気になられてからのことしか知りませんでしたが…。
最近、エキサイトニュースに掲載がありました。
この記事は読み応えあるので最後のページまで読んでいただきたいですね。

薬の副作用が酷くて、顔に一枚の膜を張ったような感じでした。家族と話をしていても、まるで水の中を潜っているみたいで、自分の声が果たして人に届いているのかすら分からない。そんな状態でした。それでも僕にとって、許される居場所は、お笑いしかないと思っていたので、なんとか芸人として復活したかったんです。
統合失調症を乗り越えて復活した芸人・ハウス加賀谷が語る”お笑いの意味”(ニコニコニュース) – エキサイトニュース より引用

私も統合失調症の症状については「水の中」という表現がしっくりくると思います。
現実との間に何かもやもやした膜があって、ぼんやりした感じ。
でも、よく合うお薬が見つかって、芸人として復帰できて良かったなと思います。
これからの活躍に期待しています。

 次に、漫画家の卯月妙子。

私はナタリーのニュースで知ったので前提知識はありません。
AV女優もされていたとのことで、ちょっと変わり者的キャラなのでしょうか。

「人間仮免中」では、波乱に満ちた人生を送る卯月の近況が見られる。統合失調症の悪化など、複雑な事情を抱え長らく筆を置いていた卯月。物語は25歳年上の男性と恋に落ちたことから始まり、様々な苦難を乗り越えながら2人が愛を育んでいく様子を描いている。
コミックナタリー – 「実録企画モノ」の卯月妙子、10年ぶり近況描いた新作 より引用

卯月妙子『人間仮免中』反響まとめ – Togetter

この方は、病気以外の人生も凄絶なもののようで、その中での統合失調症なので、幾分は読み手のショックも他の点に持って行かれそうと思いました。
未読なので、入手してみたいと思います。

なんとなくですが、統合失調症は「かわいそうな障害者」というイメージよりも、「ちょっと変わってる人」としてイメージ付けられそうですね。
最初のうちは、ちょっと変わっているのを売りにするような感じで、理解が進むのだったら、それはそれで良いと思います。
だって、変わってるもの。

この点に関しては、セクシャルマイノリティーの方々が先を行っているので、手本にする面はあると思います。
セクマイの方の全員がオネエキャラではないと思いますが、そのような人の活躍で、一定の理解を得ることはできているように感じます。

あと、おそらく、この2名だけでは無く、他にも日本人のカミングアウト事例はあると思うのですが、私が拾いきれていません。
もしご存じの件がありましたら、コメント欄などで教えて下さいね。
(前衛芸術家の草間彌生については以前に幻覚をアートに昇華 草間彌生展「永遠の永遠の永遠」にて取り上げました)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村
この記事が役に立ったらアヒルをポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

増えつつある?統合失調症の有名人カミングアウト」への5件のフィードバック

  1. azu

    なんだか ぼーっと 頭が重痛いような 熱がこもった感じは
    お薬が合えば 消えていくのですかねー?
    そのような症状で何もできなくてツライんです^^:

    1. asuka 投稿作成者

      >azuさん
      主治医の方には伝えていますか?
      私は何度か薬を変えて、今のちょうどよい薬に巡り会いましたよ。
      途中では本当に最悪に相性が合わない薬があってひどい目にもあいましたけど。
      自分から積極的に動いた方がいいです。

  2. 満月

    自分は絵画教室へ統合失調症を入った当初からカミングアウトしました。じゃないと変態と思われそうな気がしたので。いや変なおっさんだと思う。どうしても治らない独語があって、周りも理解がある人は数名いて、ああこの人スキゾフレニアだわって言って帰って行ったご婦人がいました。ドキッとしました。幻聴じゃなければよいのですが。。

    1. asuka 投稿作成者

      >満月さん
      絵画教室はその場での限定された交流だから告白もしやすそうですね。
      統合失調症は100人に1人規模で特に珍しい病気ではないので、親戚や友達に当事者がいる方もそれなりの数いらっしゃるはずです。

  3. azu

    >asukaさん
    主治医に伝えているのですが。。。
    来週また伝えてみます。
    やはり薬ですよねー。
    ありがとうございます。

コメントは停止中です。