カテゴリー別アーカイブ: 統合失調感情障害

統合失調感情障害という病気とは

統合失調症よりマイナーなこの病気、情報が未だ少ないです。
私の経験から書いておくと、
「統合失調症+双極性障害(躁うつ病)」 という表現はかなり当たっています。

というのも、私の調子には波があり、上下します。
それは、統合失調症の陽性症状と陰性症状では説明がしきれないものです。
そして、「躁」の状態が存在します。
これは陽性症状とは違い、妄想・幻覚はありません。

ただ、頭の回転が速くなり、あらゆるアイデアをぽんぽんと思いつき、
一見すると元気になったかのような状態です。
しかし、実際は集中力に欠き、忘れ物が多くなり、何と言っても、
良くなったと錯覚することで、脳は危険な状態に近づきます。

私の再発は、以前は統合失調症と診断されていたので、
この「躁」を見抜けずに、わき出るアイデアが勿体ないので
ずっと勢いに任せて夜更かしをしたり、
集中力・注意力・判断力は無くなるので、仕事ができずに
どんどんと残タスクが山盛りになっていき、結果自滅してしましました。

今では、躁になったことが分かると、早めに眠剤を増やして
睡眠を多く取るようにしてクールダウンしたりと、それなりに
病気との付き合い方が分かってきました。

統合失調感情障害については、情報が少ないですので、
いずれ私のブログでも充実させていきたいなと思います。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。