カテゴリー別アーカイブ: 日常

働くうえでの平等とは

Happy Friends

こちらの方のブログが目に止まりました。
障害者の労働に対する日本人と欧米人の考え方の違い – 双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

会社のGMが日本人から外国人に変わったそうです。
その際に、双極性障害であることを告げると、今までだめだった在宅勤務を認めてもらえるように。

「だってあなたは障害を抱えている。それなのに普通の人と同じ条件で働かなければならない方がよっぽど不公平じゃない?

「全社員は同じ条件で働くべき、というのは『全社員障害を持っていようといまいと、全員が最高のパフォーマンスを出せる状況で働くべき。』という意味だとぼくは解釈している。だから問題ないよ。」

この考え方ができない人が多すぎるのは本当に問題だと思います。
もう、大量生産で全員が同じことをしていて良い時代は終わりました。

それなのに、障害者の就労支援も9時5時の会社に優先度が低い仕事で何とかねじ込むことしか考えてないというか。
枠からはみ出る人を枠にはめてどうするの!

会社に「行く」ことにもうそんなに意味は無いですよね。
仕事の結果が出せれば。

自分と同じだけの苦労をしていないように見える人の足を引っ張るのは、みんなで生産性低下に甘んじるということです。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

ユーミンの「メンヘラ?早く滅びておしまい!」発言

歌手の松任谷由実さん(ユーミン)のツイッターが物議を醸しています。

本人の発言

メンヘラという少し差別ニュアンスを含むスラングである単語を使って「滅びておしまい!」とか言われると、当事者としてはちょっとドキッとしますね。
単語そのものが滅びて欲しいねという意味なのだと思いますが。

そして、どうやら、新しい単語ができるとそれに甘える人が許せないそうです。
しかし、好んでフリーターになる人は少数で、多数は正社員になりたくてもなれなかった人なのではないでしょうか。
ユーミンが雇用統計を押さえているとは期待していませんが、肌感覚で理解できないんでしょうかね。
昔のようにファミレスで若い人の会話を盗み聞きされた方が良いのでは。

この発言には当然のように直接の反論コメントが多数寄せられました。

その後、芸能ニュース記事にもなっています。

松任谷由実のTwitterが炎上 暴言連発の訳はネットの使い方がわかってない? – ライブドアニュースarchive

ユーミンの歌や歌詞が素晴らしいのはずっと変わりが無いことだと思います。
62歳ですがニューアルバムも発売予定と精力的に活動をしています。

ただ、ツイッターは自分の主張を正直に述べる場所としては、既に有名な人には不適当だと思います。
和田アキ子さんも過去に芸能人のプライベートを暴露してしまうというネットリテラシーの低さを見せました。
面倒でもマネージャーに送った文章をチェックしたうえで代理投稿してもらったほうが良いと思いますけどね。

あと、もちろん、精神障害者に対するスティグマは私も「早く滅びておしまい!」と思います。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

こんな匿名掲示板があるのですね(女性専用)

たまたま検索ワードに引っかかった投稿が目をひきました。

こちらの掲示板です。(一部辛辣コメントありなので苦手な方はご注意ください)
統合失調症を患って13年です。他のトピで…|GIRL’S TALK – Ameba

これはアメブロなどの提供会社サイバーエージェントが提供しているスマホアプリ掲示板のようです。
女性専用で赤裸々な性やドロドロ恋愛・不倫などの話をする場所のようなカテゴリが用意されています。

特徴としては全員がランダムなニックネームを割り振られて個人が全く特定できないようになっているところです。
「フィオナ(39歳)」とか「サラ(28歳)」のような辞書から取ってきたような適当な名前で、名前で個性を出せない仕組みをよく考えたものだなと思います。

年齢は嘘もつけますし、表明したくない人は「99歳」に設定するのがパターンのようです。
たまに掲示板歴が1年以上ある人もいて、100歳や101歳も見かけます。

私がキーワード検索で見つけたこちらの投稿ですが、かなりの数のコメントがついています。
統合失調症を患って13年です。他のトピで…|GIRL’S TALK – Ameba

投稿は、精神病が甘えなどと言われるが懸命に生きている自分のような人間もいるし、働けない人はクズのように言わないで欲しいという内容です。

驚いたことに割とやさしいコメントがたくさん付いていました。

他の匿名掲示板では精神障害者は忌み嫌われて暴言を吐かれるのは当たり前であるところもありますが、こちらの掲示板アプリは独特の雰囲気があると感じました。
全てが肯定のコメントではなく辛口のコメントもありましたが、投稿者の立場に理解を示す人が多かったです。

とは言っても、この掲示板のメインは恋愛やカラダの話ですので、登録はあまり勧めません。
自分が知らない世界があるのだなという驚きの共有でした。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

「聲の形」が残念だったところと泣けたところ

映画「聲の形」(こえのかたち)を映画館で観ました。
耳が聞こえない美少女・西宮硝子(にしみやしょうこ)を小学生の頃いじめていた男子・石田将也(いしだしょうや)が逆に自分もいじめられる立場になり、なぜかこの二人が惹かれあうという、よくわからないお話です。

硝子が聴覚障害者であることは、そんなに重要な要素ではなく、補聴器や手話など絵面を分かりやすくするために選ばれたのだと思います。
コミュニケーションに齟齬が生じるので周囲の人に受け入れられづらく、本人の努力ではカバーしきれないという要素を持たせるためにです。
この映画の主題は身体障害というよりは「いじめ」やディスコミュニケーションにより変わる人間関係や人生です。

聴覚障害者のための字幕での上映が封切り時から用意されていないという点で批判もされていました。
洋画は日本語字幕上映があるので封切り日から楽しめるのに、邦画は字幕があっても日が限られるか朝一番の回などで観に行くのが大変なんですよね。
『聲の形』の字幕付き上映の有無を巡る諸々の意見 – Togetterまとめ
映画「聲の形」に対する、障害者からの反応 – Togetterまとめ

私が残念だと思ったのは硝子が何を考えていたのかよく分からないところです。
心の中で思ったことのモノローグが無くて、いきなり行動するので、こちらは「え?」と思うこともしばしば。
原作を読んでいないので、原作では内面のことも描かれていたのかもしれませんが、映画を観ただけでは不可解な動きがありました。

また、本作を鑑賞した人のあいだでは、これはいじめっ子側に都合が良い物語なのではないかという意見もあるようです。
『聲の形』はいじめっこ向け感動ポルノなのか – Togetterまとめ

私も、いじめは絶対悪であり、それがその後の人生の苦難で取り消しになるかというと、そうではないと思います。

逆に泣けて仕方無かったのは、二人の母親についての描写です。
二人とも子どものことを何よりも大事にしていて非常に犠牲を払っていて、胸に迫るものがありました。
ただ、これも本当に母親をしている方からみたら、和解とかあり得ないと感じる人もいるのかもしれません。

とはいえ、この作品が映画化されなかったら私は知らなかったと思いますし、賛否両論でも観客動員数が増えるのは良いことではないかと思います。

これは障害者が取り上げられて良かったねというたぐいのものではなく、外国人なども含めた自分とは違う人との関わり合いの話であり、日本人が今後直面する機会が増えるであろうテーマだからです。
何も言わなくてもわかり合えて気持ちが伝わるツーカーの仲というものは、日本で減少していくことは間違いありません。
「相手が分かるまで伝えること」が重要なスキルになっていくことと思います。

そのため、最初から日本語字幕上映が充分に提供されなかったのは残念なことです。
もちろん実現のために努力した担当者もいると思うのですが、どこかの意志決定段階で入らなかったということです。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

芸能人御用達のブランド心療内科病院が自分が知ってる病院と違う

女性を襲ったかどうだかで色々報道されていた二世俳優が精神的に参ってしまい入院したと噂される病院のページを見ました。
普段は芸能ニュースはあまり詳しく追いかけたりしないのですが、精神科ネタだけはついついチェックしてしまいました。

あくまでも噂ですが、こちらのようです。 楽山[らくざん]
本当でなかったとしても、世の中にこんな病院があるんだと驚くには充分でした。

ホテルで寛ぐ贅とメンタル医療を融合させたストレスの専門病院です。
「楽山」の理念は、ストレスで疲弊した心を癒すための最良のリラクゼーション空間を提供することです。
心が楽になると、体の内側から喜びがあふれ出てきます。
欧米のエグゼクティブの間では心のメンテナンスはジムで体を鍛えることと同じように、生活の中に定着しています。
ご多忙な方ほど、ストレスをリセットする時間をライフスタイルに積極的に取り入れることをおすすめいたします。

入院は全て個室で高級ホテルのような雰囲気です。
これで差額ベッド代1万円ってどういうこと?と思ったのですが系列病院で稼いでいるので大丈夫らしいです。
ゲストルーム 楽山[らくざん]

エステサロンと提携したスパトリートメントも別料金で受けられるようです。
私が入院した病院でもOT(作業療法)にアロマヨガのコースがあったけど、アロマは加湿器だしヨガは自分でする運動だし。
寝ているだけでエステティシャンに癒してもらえるとか、すごく精神の回復に効果ありそうー
スパトリートメント 楽山[らくざん]

そして、芸能人が利用する最も重要な理由はプライバシーですね。
専用の駐車場とエントランス、たった一人のゲストのための特別診察室があるそうです。

有名人が入院したり家族と面会していたら目立って仕方ないし、他の入院患者が「芸能人見た!」とか言いふらすかもしれませんからね。
その場合、妄想・幻覚で片づけられて信じてもらえなさそうではありますが。お薬増やされたりして。

今回のニュースで初めて知った別世界ですが、そもそも入院しないに越したことはないと思います。

心身ともに健康で医療費ゼロ家族の心配もゼロが一番!

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

リオパラリンピック閉会式を見て

東京への橋渡しのパートを後から動画で見ました。
パフォーマンスは非の打ち所がなく素晴らしかったと思います。

見逃した方は、こちらで動画が公開されています
【ノーカット】パラリンピック 東京プレゼンテーション | NHKリオデジャネイロパラリンピック

よく練られた構成に、パフォーマーのダンス、華を添える映像美・音楽。
2020年が待ち遠しくなるような、東京を訪れたくなるような、魅力を存分にアピールした内容だったと思います。

健常者に懸命に追いつく過程をお涙頂戴の見世物にする「感動ポルノ」とは全然質が違う、障害者にしかできない表現でした。
切断で足の長さが違うダンサーの「人とは異なる動き」とか真似しようと思ってもできない表現ですから。

ただ、テーマである「POSITIVE SWITCH」について、「ポジティブスイッチを押そう」 =障害を新たな可能性・魅力に切り替えようということだそうですが、これは厳しいなと思いました。

パラリンピックに出られるワールドクラスの人はすでにここを乗り越えられていると思いますが、私のような特筆するような何かがあるわけではない人間には、一億総活躍とか女性が輝くみたいな、無理矢理感を押しつけられそうな気がして、正直に受け止めることができませんでした。

完全に被害妄想ですが。

舞台に登場したのは身体障害者、ダウン症(必ずしも知的障害ではないらしいですが割合が多い)、性的マイノリティ(AyaBambiは同性愛夫婦のダンスユニット)でした。

精神障害者がこのような場所に登場することは当分無いでしょうね。
身体表現とは別の華やかな舞台が必要な気がします。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

「統合失調症の母からの贈り物」糸川昌成先生がラジオに

NHKラジオ第1の「ラジオ深夜便」(9月18日放送)に糸川昌成先生が出演されたようです。
私は後から知ったので聴くことができなくて残念です。
糸川昌成さん「統合失調症の母からの贈り物」<9月18日(日)深夜放送> | ラジオ第1のラジオ深夜便 | R1 blog:NHKarchive

というのも、以前に書いたこちらの記事に検索がたくさん来ていて、何かあったのかなと気づきました。
感動的だった糸川先生のお話(こんぼ亭統合失調症を解明するための冒険!)

糸川先生のお話は2014年のこちらの記事でも詳しく知ることができます。9ページもある長文です。
JPOP-VOICE(ジェイポップ-ヴォイス)/【統合失調症家族】糸川昌成さん[Movie:母の記憶]

研究に関する本も出版されていて、カテゴリ1位なので売れているのだと思います。

糸川先生が衝撃を受けて自分も肉親が統合失調症であるということを公表するきっかけになったのはこちらの本(コミック)です。

わが家の母はビョーキです
中村 ユキ
サンマーク出版

深夜(早朝)という時間帯のラジオでも、聴いていて気になって検索する人が大勢いるのだなと驚きました。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

自分が死んだらブログが消えてしまう問題

marigold
このブログは独自ドメインでレンタルサーバーに置いてあるブログです。
そのため、契約更新せずに期限が切れたら全て消えてしまいます。
別に死ななくても、長期入院している間に更新できなかったら消えます。
このことについて、あまり深く考えてこなかったのですが、どうしたものかと思います。

レンタルサーバーのデータについてはバックアップを自動で取るようにしているので復旧はできます。
問題はドメインが期限切れになって更新しないと二度と取れなくなる危険性がある方です。

昔は独自ドメインにあこがれがあったのと実験精神で取得してみましたが、特に活用できていないです。
しかも、DNS等の設定をしたらずっと放置なので、新しい設定とかもう忘れてしまっていてできない可能性があります。

自分が歳を取ってだんだん難しいことができなくなることを考えると、今のうちに何とかしておかなくてはと思います。
自分がドメインを持っている間に引っ越しする分には、アクセスしてきた人を引っ越し先のページに転送をすることができます。
郵便局が新しい住所に手紙を届けてくれるようにできるのです。

とはいっても、無料ブログサービスって使いづらくて、数年前はこれと言ったものが無かったです。
今は違うのかもしれませんので、少し探してみようかな。

10年くらい潰れなさそうなブログサービスってどこですかね。

私は自分が書いた文章が誰かの役に立つのであれば消したくないと思います。
このブログを全く更新をしていなかった時期でも1日に数百のアクセスがありましたので、きっとわずかでも誰かの参考になったのでしょう。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

ブログをしばらく休みます

新しくやることを見つけたのでそちらに集中するためにブログを一時休止します。
3ヶ月〜半年くらいかな。
途中で精神病界を揺るがす重大ニュースがあるときには顔を出すかも知れませんが。

新しくやることの中にもブログ等の文章執筆が含まれるので、集中を削がないようにこっちはログアウトしてしまいます。

また再開した時のために、読者登録をしていただけるとメールでお知らせが届きます。どうぞご利用ください。
読者登録はこちらから

私は2009年頃からブログを続けていますので、また復活する可能性は高いです。
お休み宣言をしたこともありますが、ちゃんと戻って来ました。

では、またお目にかかれる時を楽しみにしています。


いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

おすすめ過去記事ピックアップ

最近このブログを知った方のための過去記事からおすすめを紹介します。
記事数300以上の中から選んでみました。

■言葉や考え方■
スヌーピーの言葉「配られたカードで勝負するっきゃないのさ」
「より良きことができるようにと病弱を与えられた」
素晴らしいTEDスピーチ「限界の向こう側」byキャロライン・ケイシー

■おすすめの本■
当事者家族の必読本「マンガでわかる!統合失調症」中村ユキ著
松本ハウスの本「統合失調症がやってきた」感想
無料で読める「ブラックジャックによろしく」
そっと背中押す本「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子・著
「精神病院を捨てたイタリア捨てない日本」大熊一夫の感想
「統合失調症 その新たなる真実」岡田尊司は必読本!
全障害者に「困ってるひと」をすすめたい

■当事者ブログを書いてみよう■
当事者ブログの始め方(1)5つのメリット
当事者ブログの始め方(2)ブログサービスを選ぶには
当事者ブログの始め方(3)タイトルの決め方5つのポイント
当事者ブログの始め方(4)本文を書くための14個のヒント
当事者ブログの始め方(5)ブログ村登録が必須な理由

■障害年金について■
No.1 障害年金申請を考える時にまず確認したい事項
No.2 知っておきたい障害年金の3つの請求タイプ
No.3 障害年金申請で必要な「病歴・就労状況等申立書」のポイント
No.4 障害年金申請用の診断書が思っていたのと違う場合どうするか
No.5 おすすめ本「誰も知らない最強の社会保障 障害年金というヒント」

参考になる記事があれば幸いです。


いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。