カテゴリー別アーカイブ: 妄想幻覚オンパレード

実は統合失調症が再発していました。陽性症状の妄想と脳


まさか再発するとは思っていなかったのですが、条件が重なるときは重なるものです。
陽性症状の妄想がひどくなってしばらくダウンしました。

それまで割と順調とまでは言えなくても常人の生活を送ることはできていました。

しかし、いつの間にか狂気の壁を踏み越えてしまい、あり得もしないことを心配したり混乱したりしていました。

細かいことはまだふり返るのに心の準備が足りないので書けませんが、やっと復調して、いつもどおりになりました。

そして分かったことがあります。

自分がおかしいかどうかは、家族など身近な人と密に会話していればすぐに指摘されます。
私の場合はこれで命拾いをしました。(比喩であり命に危険がある行動を取ったわけではありません)
「なんかおかしいから病院に行ったら?」と言ってくれる人がいることは、軽症のうちに対処するのに重要な要素です。

妄想とは何なのか。
それは他人が認識している世界と自分の世界のずれが大きいもののことだと思います。
人間が認識している世界は自分だけの世界ですから、他人の介在があって初めて妄想であると気づくことができます。

今回の妄想では、私の意識の中では時間の概念が消失し、遙かなる時の旅をしました。
脳科学がもっと進歩したら、統合失調症の陽性症状の人の脳内では、時間の流れの認識がおかしくなるということが研究結果として分かるのではないかと思います。

たしか、既に海馬が異常に活発に動いているというところまでは判明していたと思います。
その状態では現実世界での時間の流れと本人の時間の流れのスピードがかなり違います。

おそらく誤認識や思い込みだと思いますが、私は電子機器の液晶画面の一瞬のちらつきも見ることができました。
1秒の長さが違って感じられました。

人間が夢を見て覚えているのは起床前のごくわずかな時間を長く感じているという説もどこかで見たことがあります。
脳には処理速度を上げて時間短縮できる仕組みが含まれているのかもしれません。
普段は物理的な制約があるのでスピードは外界にあわせていますが、寝ている間の夢にはそのリミットがありません。
陽性症状は起きたまま夢を見ているのと同じ状態なのだと思います。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

驚くほど統合失調症の幻覚に似ているコンピュータの「夢」

グーグルが公表したコンピュータが描いた「夢」の画像を見てびっくりしました。
私が統合失調症の陽性症状で見た幻覚とそっくりな部分があります。

後半は気持ち悪いので、注意して、こちらの記事をご覧下さい。
 ↓
Google、人工神経ネットワークが見た『夢』を公開 (※ 微グロ注意) – Engadget Japanese

元の公開情報はこちらです(英語)
Research Blog: Inceptionism: Going Deeper into Neural Networks

この画像は、コンピュータが人工ニューラルネットワークという仕組みで画像を学習して、似たような部分があった場合にそれを補完するという工程をわざと強調させて生み出されてたものです。

人間の脳も、例えば壁のシミが顔や犬の姿に見えてくるといったように、今まで知っているパターンの絵柄を強調させるという機能があると思うのですが、コンピュータでも同じことをさせると似たような結果が出てくるというところまで来ています。

何にも無いところに別の物が見えてしまう幻覚のメカニズムが透けて見えてくるようです。

私も調子が悪い時には、石壁の模様の中にうねうねとした経文が書いてあるように見えたことがありました。

たぶん、この時には石の模様と縦書きの筆の文字が同じパターンとして脳の中で展開されていたのだと思います。

人間の学習の仕組みを真似して作られた計算方法で、結果として人間と同じようなイマジネーションが発揮されるというのは驚くべきことですね。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

妄想幻覚っぽい映像パート2

さっこのブログさんよりコメントで教えていただいた動画です。自主制作のアニメだそうです。
すごい幻覚っぽい!!

このように、「世界がつながった」感じというのは、ありましたねぇ~。
私も、「人間は根っこの部分では繋がっているけど、普段はそれを知覚できない。だけど私みたいに殻がはがれた人には知覚できる。」みたいな、ちょっとスピリチュアルな感じもありました。

「パプリカ」という映画もヤバイです。
夢の中に進入するお話なので、夢の展開のように、主人公が姿形も変えながら、色んな場面をとにかく動きまくります。

パプリカは普通のレンタル屋さんにも置いてあると思います。
同じ監督の「千年女優」もおすすめですよ。

妄想幻覚っぽい映像パート1の記事「ディズニーの「ファンタジア」は幻覚を追体験できるヤバい映画」も併せてお読み下さい。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

ディズニーの「ファンタジア」は幻覚を追体験できるヤバい映画

ディズニーの名作映画「ファンタジア」はオーケストラ演奏にのせてアニメーションが展開される作品です。
1940年という、とほうもなく昔に作られたような気がする映画ですが、今見ても楽しいです。

…と、単にこれは楽しい作品としても味わえますが、妄想幻覚があった人にはヤバすぎる作品になっています。

だって、音楽に合わせて画面の模様が変わったり、脈絡があるようなないような感じで場面が展開して別のシーンになったりする感じが「とても幻覚っぽい」のです。
音を視覚として認識する共感覚のあった人には特に分かることと思います。
もう見ているそばから、むずむずしてきました。

実はこの作品は発表時の評判はあまりよくなく、その後1960年代のサイケデリックブームの頃にLSDでラリったことのある人たちにより再発見されました。
なんかこの映画、あれに似てない?みたく。

LSDによる幻覚も統合失調症の幻覚も、似た部分はあるようですね。
ヤクをキメなくても、精神病で脳内麻薬状態になっちゃうんですね。
私、人生得したかも?!← ひらきなおり

収録曲。クラシックの有名曲ばかりです。

1:「トッカータとフーガ ニ短調」(9:22) – J.S.バッハ
2:組曲「くるみ割り人形」 – チャイコフスキー(13:30)
3:「魔法使いの弟子」 – デュカス(9:17)
4:「春の祭典」- ストラヴィンスキー(22:28)
5:「田園交響曲」 – ベートーヴェン(22:00)
6:「時の踊り」 – ポンキエッリ(12:13)
7:「はげ山の一夜」 – ムソルグスキー(7:25)
8:「アヴェ・マリア」 – シューベルト(6:27)
ファンタジア – Wikipedia より引用

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

お辞儀をするトイレ・笑う靴

暑すぎて気が狂いそうなので、妄想ネタでもほじくりかえしてみようかな。

私が陽性症状があった頃は、物を擬人化して捕らえることが多かったように思います。

例えば、うちのトイレの温水便座は自動でふたが開閉するのですが、それを「お辞儀している」と思い、礼儀正しいトイレだなぁと思っていたのでした。

トイレに入る度に、トイレさんこんにちは。

あとは、脱いだあとの靴が口を開けて笑っているように見えました。
ニコニコと…。

トイレの方は治療後にすぐにその感じは消えて治ってしまいましたが、靴が笑っているように見えるのは、今でもたまにそのように見えてしまい、えっまた!って思うこともあります。

まぁ人の顔に見えるのは人面魚とか人面岩とかいろいろありますから自然なのかもしれません。

あと、神道では石ころにも神が宿るとされますが、本当にそのように「見えた」人が昔もいたのではないかなと思います。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
応援の気持ちポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

自分の役割を偉大な存在より教えてもらった時のこと(妄想で)

blue sky
妄想幻覚ネタ続きます。

なんだかアブナイ人と思われそうですが、私は陽性症状バリバリショック!の時に、幻覚に人生の役割を教えてもらいました。

$メンヘル女子のライフ&ハックス by統合失調感情障害(元統合失調症)-天使
photo by:bogenfreund

そこは、天国のようなきれいで神聖な空間でした。
私は偉大な存在から告げられました。

”あなたの役割は「目」になることです。”

世の中で起こることをよく見て書き留めて知らしめることが私の役割だと言われたのです。

確かに私は観察力についてはそれなりの自信がありましたが、まさか私が生まれた目的が目になることだとはね。

この体験は強烈でした。

今はあれは病気から来る妄想幻覚だったと分かっていますが、それでもある程度真実をついていると思います。

まぁ今はブロガーとして、その役割を少しでも果たそうと思っているわけですが…。

人生の役割が分かってる人ってあまりいないと思います。
貴重な体験ができて何よりでした。

私の幻覚には、ほとんど害になることは出て来ません。
私が根からポジティブで、自分一番と思っているからかもしれません。

SFやファンタジーが好きなので、そういう系のものが多いです。

辛そうな妄想幻聴のする方もいるようですが、私はかなり異例の存在かも知れません。

明るい妄想ラブドキドキ

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

亀と意志が通じた時の話(妄想で)

自分が過去に経験した妄想幻覚でもシェアしてみようと思います。
まず、自分史上最高にへんてこりんだったのが「亀との意思疎通がはかれた」という妄想です。

メンヘル女子のライフ&ハックス by統合失調感情障害(元統合失調症)-亀2メンヘル女子のライフ&ハックス by統合失調感情障害(元統合失調症)-亀1
メンヘル女子のライフ&ハックス by統合失調感情障害(元統合失調症)-亀2メンヘル女子のライフ&ハックス by統合失調感情障害(元統合失調症)-亀1

陽性症状バリバリショック!の時のことです。
人の家のペットの亀が水槽に入っているのを見ました。

私が亀のことを見つめると、相手もこちらを見返してきた(ように思えました)のです。
そして、私が指を水槽の解放された上部から近づけると、それに向かって首を伸ばしました。

私が心の中で「私の言うことが分かったら首を伸ばして」と思うと、そのタイミングで首を伸ばしてきました(ように思えました)。

亀は私の言うことに何度もうなずきました。

この頃の私は、いわゆる「ワンネス」を感じていました。
地球全体が一体となった全体意識へのアクセスです。

だから、もちろん種族を超えて、亀の意識にもアクセスできたのだと思いました。

当然、その後病院に放り込まれて入院した後は、亀との話もできなくなりましたかお

あの時の亀はまだ長生きしているのだろうかと考えを巡らせることもあります。
私の病気の貴重な証人として、どこかで生きていて欲しいなと思います。
もしくは、人間に生まれ変わって、ご近所にでも引っ越してきて欲しいな。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
1日1回応援ポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

私が妄想でとんでもなくぶっ飛んで入院したときのこと(保護室送り付き)

私の統合失調症初回エピソードは、自分史上最強の悪夢でした。
覚めない悪夢…。

周りで起きることが全部自分に関連づけられて飛び込んで来ていました。

いつからそうなったのか、ハッキリとはしないのですが、徐々におかしくなっていったのだと思います。

色々と不可思議な行動をして、いろいろしでかした挙げ句、どうにか入院させられました。
医療保護入院だったので、私は入院の書類にサインをしていません。

入院してもしばらくは自分が置かれた立場が分かっていなくて、
「自分は寝ている間に別の建物に連れてこられたのだ」とか
「窓の外に止めてある車はナンバーで暗号をこちらに送っているのだ」とか
まぁ、ありとあらゆる妄想をしていました。

そんなこんなで、プチ事件を引き起こし、私は保護室(隔離室)送りになりました。
そこでの生活がまた最悪で、私はトイレしているところを外から見られる状況に置かれたのは初めてです。
もちろん、死角となるところで自殺などされてはいけないという配慮のレイアウトなのですが。

そんなこんなで、最初の入院は90日間入っていました。

最初はわけわからん状態だった私も、薬が効いてきて、だんだんと元に戻っていきます。
そうしたら、一緒に入院している人たちも奇妙な人たちばかりなので、楽しくなってきました。

そんな私のヘンテコな入院生活を、以前にブログに掲載していました。
今はまとめてこちらのWikiで一気に読むことができます。

チューリップ黄 「統合失調症患者のクワイエットルーム体験記」まとめ読み – livedoor Wiki(ウィキ)

興味を持たれた方は、是非ご覧下さい。
感想などいただけると嬉しいです。

メンタルヘルスブログ 統合失調症
仲間を見つけよう!にほんブログ村
この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。