「こころを病んで精神科病院に入院していました。」はポエムのようなコミック

先日注文したマンガ本が届きました。
「こころを病んで精神科病院に入院していました。」です。

こころを病んで精神科病院に入院していました。 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

原作はニコニコ静画で公開されていたものですが、書籍化にあたって完全リメイクされました。
詳しくは前の記事に
マンガ「こころを病んで精神科病院に入院していました。」紹介

原作はこわい感じでホラーっぽい絵柄です。
しかし、リメイク版は丸みのある線で描かれた温かみのある作風に仕上がっています。

内容は、精神科病院に入院した時のエピソードや心象を表現しています。

心の動きを丁寧に拾っていて、吹き出しのセリフの数は少なくて、字数がとても少ないマンガです。
その分、絵で表現されていて、挿絵の付いた詩集を読んでいるかのようです。

ストーリーは入院したことがある人なら分かる「あるある」ネタが多いです。
自分以外の人が入院するとこんな感じなのかと分かり面白いです。

しかし、これが一般の書店に並び普通の人の手にとってもらえるのは嬉しいことです。
「精神病院」はこわくないし、入れられた人も調子が悪かっただけということが理解してもらえたらなと思います。

字数が少なく読みやすいシンプルな絵柄ですので、病気療養中で活字の本が読みづらい方にもおすすめです。
他の人の入院話って興味深いです!


いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

「こころを病んで精神科病院に入院していました。」はポエムのようなコミック」への2件のフィードバック

  1. SKishi

    『こころを病んで精神科病院に入院していました。』を、私も買いました。
    そして、あっという間に読み終わってしまいました。
    私には入院の経験がありませんが、時間を潰すのが大変そうに思えました。
    精神科病院の中身が分かって良かったです。

    1. アスカ 投稿作成者

      >SKishiさん
      文字が少ないのであっという間に読めますよね。
      入院中は本当に退屈でした。二度と入りたくないので気をつけます。

コメントは停止中です。