当事者家族の必読本「マンガでわかる!統合失調症」中村ユキ著

これは統合失調症の家族を持つ人におすすめの一冊です。なんといっても分かりやすさが良い!
病気の本というと専門書のような読みづらいものを想像するかも知れませんが、これはコミックエッセイです。

中村 ユキ、当事者のみなさん、福田 正人
日本評論社

すでに「わが家の母はビョーキです」を出されている中村ユキ氏が、ほのぼのとしたタッチの絵柄で分かりやすく統合失調症を解説しています。
病気で活字が読みづらい当事者にも向いていると思います。

章立ては、統合失調症とはどのような病気であるかをエピソードを例に説明、その後に予防と回復を高める生活のヒントや、中村家流の工夫が紹介されています。

中でも「じょうずにつきあう10ヵ条」は、なかなか良くまとまっていると思います。
自分の病気について学ぼう
効果と副作用を知って服薬する
自分の体調変化(再発のサイン)を知ろう
体調が悪いときの対策を練ろう
睡眠不足・過労・ストレスに注意!
困った時、体調が悪いときはすぐに相談
自宅以外に居場所を持とう
周囲に理解者・仲間をつくる
社会資源を活用しよう
今の自分を受け容れて、生きやすく変わろう

この中で1番は重要です。
「病気はお医者様が治してくれるもの」「自分は門外漢」と思って自分から病気について知ろうとしない人は、トータルで大損をします。

また、10番も大事です。
治らない・治りにくい病気ですので、それを受け入れることをしない限り、生きづらいものです。

この本には、他にも、「書き込み式 再発予防チェックシート」など使える書式も入っています。
是非、お手に取ってみてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村 この記事が役に立ったらポチしてね
人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿

当事者家族の必読本「マンガでわかる!統合失調症」中村ユキ著」への6件のフィードバック

  1. SKishi

    会社に出した私の「2012年の目標」の中に、
    「精神障害は医者が治すのではなく、自分で治す。」
    という一文を書いていたのですが、
    上司に、「こんな文はいらない。」と消されてしまいました。
    睡眠不足解消についても書いたのですが、それも却下されました。
    会社に出す目標としては、不適当なのでしょうかね。
    私個人の目標として、心に留めておくつもりです。

    1. asuka 投稿作成者

      >SKishiさん
      その目標って仕事とは関係ないですよね?
      会社に出すのはあくまでも、会社に何が貢献できるのかを出すものだと思います。
      日常管理は個人ですべきです。

  2. SKishi

    その通りです。
    私はいつも間違っています。
    何か大きな勘違いをしながら暮らしている人間です。
    根本的な点で間違っているのです。
    上司と衝突するのも、私の人格が間違っているからです。

    1. asuka 投稿作成者

      >SKishiさん
      間違っているというよりも、大勢多数の人とは、ズレてユニークであるということですよね。
      ぶつかるのが避けられないのであれば、上手い衝突の仕方を学ぶのが良いのでは。(断定口調は使わない、アイメッセージを使う等)
      スキーも最初は転び方から覚えます。転ぶのを怖がっていては上達しません。

  3. リア

    紹介してくださった本私も買いました!まだ・・。忙しくて読めてませんが!紹介してくれてありがとう!

    1. asuka 投稿作成者

      >リアさん
      この本は忙しくてもちょっと読み始めればすぐに読めてしまうと思います。
      とにかくオススメなのです。

コメントは停止中です。