平成28年の臨時福祉給付金「確認じゃ!」でもらえるかチェック

確認じゃ!

「臨時福祉給付金」および「障害・遺族年金受給者向け給付金」が対象者に給付されます。
既に前年までに受け取った人には今年分の通知が自動的に届くと思いますが、初めて該当する人は自分から申請しないともらえない場合もあります。

給付額は
「臨時福祉給付金」が3,000円 (住民税が非課税だった方)
「障害・遺族年金受給者向け給付金」が30,000円 (同上なおかつ障害者年金・遺族年金を受給している方)
です。

こちらの厚生労働省の公式ページをよく確認して自分がもらえるかどうか条件をチェックしてみましょう。
確認じゃ!給付金。 | 平成28年度総合トップ

なお、同一世帯で複数名が該当する場合は、代表者一名の口座にまとめて支払われます。
マイナンバーのシステムは使われないので、本人確認書類と年金証書類のコピーの提出が必要です。

この制度の発端は消費税率引き上げ(5%→8%)の実施です

臨時福祉給付金は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対し、制度的な対応を行うまでの間の、暫定的・臨時的な措置として実施するものです。

また、障害・遺族年金受給者向け給付金については「一億総活躍社会」の実現に向けてなのだそうです。

障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)は、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない障害基礎年金や遺族基礎年金等の受給者の方を支援するために実施するものです。

制度の趣旨
・「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい所得の少ない障害基礎年金・遺族基礎年金等の受給者の方への支援
・所得全体の底上げ

私は「一億総活躍社会」というコンセプトは嫌いです。
活躍しなくてもいい自由は無いのかと絶望感があふれます。
女性も輝かなくてはいけないらしいです。
放っておいてくれと思います。

消費税率引き上げの失策は、次回8%→10%の時には更にひどいことになりそうで今から心配です。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

関連記事

LINEで送る
Pocket

最近の投稿