安室奈美恵さんコンサートに療育手帳・精神障害者手帳で入場できず、の件を防ぐには

散々報じられていますが、歌手の安室奈美恵さんが引退する際のコンサートに、療育手帳が身分証明書とは認められず入場を断られた方がいます。
引退してしまったので文字通り取り返しがつかない対応でした。
安室さんコンサート:療育手帳で入場断られ… (毎日新聞) – LINEアカウントメディア消えていたらこちら

このニュース記事では「国会議員が厚生労働省に対応をただすなど、問題は広がりを見せている。」と書かれています。

なお、以前にも精神障害者手帳でNGだった人もいて、これは5月にツイッターで拡散されていたと記憶しています。
安室奈美恵ライブ、障害者手帳提示のファン入場拒否か…チケット会社「確認を進めている」 | ビジネスジャーナル

このようなことがなぜ起きるかというと、障害者手帳の種類が3つもあることと、都道府県ごとにデザインが異なるため対応する側が心当たりが無い手帳が出てしまうためと思われます。
それから、手帳に貼る写真が古いままの場合があり不審に思われることがあるための可能性もあります。
身体障害者手帳に貼付されている顔写真が古くなったことを理由に手帳の再交付が可能であることを周知してほしい – 総務省

精神障害者の手帳は写真を貼らないことも可能(交通機関に提示しての割引は受けられない)ですが、これだと「写真が貼ってある身分証明書」に該当せずに、条件の谷間に落ちて蹴られるということも起きていそうです。

健常者は驚くほど障害者手帳について知りません。
それもそのはず、義務教育でちゃんと教わったり、社会人の新人研修で習わないからです。
家族や友達など近しい人にいない限りは、自分から興味を持って調べない限り何も分かりません。

例えば、交番のお巡りさんも手帳のことをよく知りません

私は精神障害者手帳を落としてしまったことがあり、交番に遺失物の届けをしました。
どこでどのようなものをいつごろ紛失したのかを伝えたところ、PCに打ち込んで出来上がって来た文書には「身体障害者手帳」とありました。

はぁ?精神障害者手帳って言ったよね?聞いてなかったの?

と言いたくなるところを飲み込んで「障害者手帳には3種類ありまして、そのうちの精神なんですけど」と言いましたところ信じられないようなことが分かりました。

そのPCで作成する文書の元ネタに3手帳のうち身体障害者手帳しか選択肢に無いようなのです。
そんな馬鹿な!並び順が狂っていて別のところに選択肢があるのでは?と思いましたが無さそうでした。

仕方無いので身体障害者手帳ということで届け出をしました。
拾って届ける人にも、受け取るお巡りさんにも区別がつかないのでしたら、表記にこだわる意味はありません。

このように、市民を弱者を含めて守って下さる立場の方もよく知らない障害者手帳。
3種類あるということも知られておらず、カバーの色や大きさもまちまちで、難易度が高いのは分かりますが、そんなに難しいことなのでしょうか。

やはり、義務教育か高校までにきっちり教えるべきと思います。
最近の教育事情については詳しくないのでネットで調べてみましたが、どうも理科や保健体育では教えていないようです。
学校で人体について何を教えているか – 日本生理学会

私自身も、身体障害者は小学生の頃から知っていましたが、知的障害と精神障害について正しく理解したのは自分が精神病に罹患してからです。
知的障害と精神障害の区別がついていない人も世の中にはたくさんいます。

障害者は一定の割合で必ず生じます。それをゼロにできるほど科学や医療はまだ発達していません。
必ず存在する人間について、どうしてちゃんと教わる機会が無いのでしょうか?

なお、ボードウォークは8月26日に既にお詫びを発表していますが、「極めて多数のお客様を短時間に入場させる必要のある大規模コンサートにおける本人確認作業になじまないとの判断に基づくものでした。」という表記があり、判断基準がそもそもおかしいことが分かります。
指定身分証による本人確認作業に関するお詫びと今後の取扱いの変更について | NEWS | BOARDWALK | 株式会社ボードウォーク(消えていた場合はこちら

なじむかどうか、ではなく、障害者に合理的配慮をすることは法律で定められています。
コンサートチケットは高額かつ大人数で莫大な売上があがっているはずです。
どんなに高くてもファンは買うので、追加対応要員の人件費が必要であれば上乗せすればいいだけなので言い訳はできません。
今後のコンサート運営会社選定には、障害者に合理的配慮ができるというチェックポイントを設けて基準を満たさなければ発注しないように業界全体として変わっていくことが必要でしょう。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

1年半ぶりの更新です。生きてます。

photo:leaves

ほとんどブログを更新しなくなっていましたが生きてます。
レンタルサーバー料金は3年くらいのまとめ払いをしているので、このブログはなかなか消えないと思います。

体調については、2016年頃に再発っぽいのがあり、今年もちょっと調子がおかしかった時期もありましたが、幸い入院まで至ることはありませんでした。
1年のほとんどを、ぼーっとした普通の人程度に暮らしています。

歳を取ってくるとメンタルよりも肉体の衰えの方が進んでくる中年世代なので、人生に占める精神病の割合もだいぶ減ってきました。
ただ薬を飲むだけの日常です。
昔のようにキレキレでバリバリ仕事をしたいなどとは全く思いません。ほどよく幸せならそれで良いです。

なお、このブログは最新のChromeで閲覧すると「保護されていない通信」と表示されてしまっていると思います。
http://で始まるブログからhttps://で始まるブログに変えるのに自分で対応しないといけないので、これはしばらく放置すると思いますが別にアクセス数が多いブログでもないので大きな影響は無いと思います。

少なくとも東京オリンピック開催を見届けるまでは生きているつもりですし、その後も人生100年時代に適応していきたいですね。
サマータイムや新元号、消費税増税のゴタゴタも私の生活にはあまり影響がありませんので、しぶとく粘り強く生き延びる所存です。
ではまた。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

働くうえでの平等とは

Happy Friends

こちらの方のブログが目に止まりました。
障害者の労働に対する日本人と欧米人の考え方の違い – 双極II型障害と生きる いつも上を見上げて 

会社のGMが日本人から外国人に変わったそうです。
その際に、双極性障害であることを告げると、今までだめだった在宅勤務を認めてもらえるように。

「だってあなたは障害を抱えている。それなのに普通の人と同じ条件で働かなければならない方がよっぽど不公平じゃない?

「全社員は同じ条件で働くべき、というのは『全社員障害を持っていようといまいと、全員が最高のパフォーマンスを出せる状況で働くべき。』という意味だとぼくは解釈している。だから問題ないよ。」

この考え方ができない人が多すぎるのは本当に問題だと思います。
もう、大量生産で全員が同じことをしていて良い時代は終わりました。

それなのに、障害者の就労支援も9時5時の会社に優先度が低い仕事で何とかねじ込むことしか考えてないというか。
枠からはみ出る人を枠にはめてどうするの!

会社に「行く」ことにもうそんなに意味は無いですよね。
仕事の結果が出せれば。

自分と同じだけの苦労をしていないように見える人の足を引っ張るのは、みんなで生産性低下に甘んじるということです。

人気ブログランキングへ

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票されます)

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

マンガ「【実録】精神病院に入院した時の話。」がpixiv連載中

pixivコミック編集部が取り上げたこの作品が面白いです。
入院経験者が生々しく語る。『精神病院に入院した時の話。』#このpixiv漫画がスゴイ – pixivision(ピクシビジョン)

精神病院に入院した時の話。
出典:www.pixivision.net

「岡野く仔」さんが受験のストレスから精神疾患を発症し入院する体験談がマンガで描かれています。
入院したことがある人には「あるある」なネタもたくさん出て来ます。

あと、実のお姉さんが話題すり替えの達人で、たぶん良い影響があるのかなと予想されます。
本人の訴えを否定せずにさりげなく別の話題に誘導というのは、とても聞き上手ですね。

やはりコミックエッセイは誰にでも広く読まれやすく目にとまりやすいなと思います。
別に精神科に入院してもこんな感じなのかと分かれば、無意味に怖れて入金を拒否して症状が悪化することもないでしょう。

pixivの作品はちょっと辿りづらいので、直リンクリストを作りました。
こちらからコミックを1話ずつ開けます。

第1話:【実録】精神病院に入院した時の話。
第2話:【実録】精神病院に入院した時の話。②
第3話:【実録】精神病院に入院した時の話。③
第4話:【実録】精神病院に入院した時の話。④
第5話:【実録】精神病院に入院した時の話。⑤
第6話:【実録】精神病院に入院した時の話。⑥
第7話:【実録】精神病院に入院した時の話。⑦
第8話:【実録】精神病院に入院した時の話。⑧

連載中のため完結はしていません。まだ入院して一日目ですので続きが楽しみです。

新しい回が公開されたかは作者のページでチェックしてください
「岡野く仔@連載中」のプロフィール [pixiv]

すでに出版されている精神科に関するコミックエッセイです

わが家の母はビョーキです
中村ユキ
サンマーク出版

躁鬱なんです、私。 (一般書)
藤臣柊子
ポプラ社

人間仮免中
人間仮免中

posted with amazlet at 16.12.20
卯月 妙子
イースト・プレス

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

まさかの続編「人間仮免中つづき」卯月妙子

統合失調症の痛々しい生き方を決して上手とは言えない絵柄のコミックにまとめた卯月妙子の前著「人間仮免中」の続編が出版されます。
タイトルは「人間仮免中つづき」なので、おそらく続きの話なのでしょう。
(どうやらボビーさんとの結婚や東日本大震災のことなどが描かれているようです)
表紙はピンク色基調になりました。

人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
卯月 妙子
小学館 (2016-12-12)
売り上げランキング: 632

黄色い表紙の前作は広く反響を呼びました。

人間仮免中
人間仮免中

posted with amazlet at 16.12.11
卯月 妙子
イースト・プレス
売り上げランキング: 5,793

まとめも作られています
卯月妙子『人間仮免中』反響まとめ – Togetterまとめ

人生の歩み方が壮絶で、私も初めて読んだときは、なかなか読み進めることができませんでした。
軽々しくはページをめくれないような重たいストーリーが語られています。
マンガに上手な絵柄は必ずしも必要ではないのだと衝撃を受けました。

気になった方はチェックしてみてください。
人間仮免中つづき (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

統合失調症をVRで体験した人の感想「地獄だった」

vr

10月22日に開催された技術系イベント「Rakuten Technology Conference 2016」にて、ヤンセンファーマ株式会社の「バーチャルハルシネーション」が株式会社シー・エヌ・エスのブースにて出展されました。
統合失調症をVR(バーチャルリアリティー)で体験できるものです。

それを体験した人のツイートが話題です。

会話の流れはこちらを参照ください
【動画あり】統合失調症体験ができるVRがとてもしんどいと話題に – Togetterまとめ

バーチャルハルシネーションは、監修に地域精神保健福祉機構(コンボ)や財団法人精神・神経科学振興財団の理事長である高橋清久先生も加わっています。
4パターンの幻聴が体験でき、最後には少しドッキリな仕掛けが用意されています。

こちらで実際の動画を見ることができます。ただし平面で視点が固定された普通の動画になります。
VRではヘッドセットをかぶることにより映像が立体的に見えて、頭を振るとその方向が見えるため現実にその場にいるような体験ができるものです。
バーチャルハルシネーション | 統合失調症ナビ
※精神科に通院中・治療中の方はパンフレットだけ参照し、動画の再生をお控えください。

バーチャルハルシネーションは以前に公開されていた旧世代のものから、VRの技術でだいぶリアルなものに近づいたと思います。
このような技術で、統合失調症になった場合のつらさ・苦しさ・不便さが一般の方にも伝われば、理解も進むものと期待されます。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

ユーミンの「メンヘラ?早く滅びておしまい!」発言

歌手の松任谷由実さん(ユーミン)のツイッターが物議を醸しています。

本人の発言

メンヘラという少し差別ニュアンスを含むスラングである単語を使って「滅びておしまい!」とか言われると、当事者としてはちょっとドキッとしますね。
単語そのものが滅びて欲しいねという意味なのだと思いますが。

そして、どうやら、新しい単語ができるとそれに甘える人が許せないそうです。
しかし、好んでフリーターになる人は少数で、多数は正社員になりたくてもなれなかった人なのではないでしょうか。
ユーミンが雇用統計を押さえているとは期待していませんが、肌感覚で理解できないんでしょうかね。
昔のようにファミレスで若い人の会話を盗み聞きされた方が良いのでは。

この発言には当然のように直接の反論コメントが多数寄せられました。

その後、芸能ニュース記事にもなっています。

松任谷由実のTwitterが炎上 暴言連発の訳はネットの使い方がわかってない? – ライブドアニュースarchive

ユーミンの歌や歌詞が素晴らしいのはずっと変わりが無いことだと思います。
62歳ですがニューアルバムも発売予定と精力的に活動をしています。

ただ、ツイッターは自分の主張を正直に述べる場所としては、既に有名な人には不適当だと思います。
和田アキ子さんも過去に芸能人のプライベートを暴露してしまうというネットリテラシーの低さを見せました。
面倒でもマネージャーに送った文章をチェックしたうえで代理投稿してもらったほうが良いと思いますけどね。

あと、もちろん、精神障害者に対するスティグマは私も「早く滅びておしまい!」と思います。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

障害者いじめがよりによって推進する立場の兵庫労働局で行われた


悲しいというより先に「あきれてものも言えない」というニュース。
障害者雇用を推進する立場の人間が障害者をいじめていた事実が明らかになりました。

詳しいことはリンク先のニュースをお読みください。
兵庫労働局、発達障害の非常勤女性に「いじめ」「虐待」  〜前局長ら5人処分 障害者雇用推進の役所がなぜ? – Yahoo!ニュース (archive)

今回のケースは場面緘黙症ということが事前に分かっていたのにも関わらず、本人に負担をかけるだけの全員に声を掛けての机のぞうきんがけを命じられていたそうです。
しかも、声掛けができなくてやれなかったら叱責があったとか。

こんな仕事、健常者でも嫌ですよ。
お金をかけてせっかく採用した社員にこういうことをする会社はないと思います。
もし、辞められたら多額の採用費用を損しますから。
言い方は悪いですが、別に焦って稼ぐ必要が無い「お役所仕事」の嫌なところが表に出て来たように感じます。

しかも、ジョブコーチは何をしていたんだというひどさです。給料分くらいは働いたら?
こういうことがあるようでは、障害者は安心して働きに出ることができません。

障害者雇用は義務です。
人間が生まれてくると一定の割合で障害を先天的・後天的に持つからです。

たまたま障害を持たなかった人は運が良かっただけです。
そして、それに外れた人を、いじめというか、しごきをするのは、どうみても間違っています。

職場での障害者受け入れが嫌なら、あなたがたが転職しなさいよ!向いてないから!
無能すぎて、どうせ受け入れてくれるところなんて無いでしょうけど。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

電通の新入社員が自殺してしまっても…


過労やパワハラによると思われる自殺のニュースが報道されました。しかも電通という大手広告代理店で。

過労死で実際にどのような仕事環境であったのかは「死人に口無し」というが今までは普通ですが、今回は本人のツイッターが残っていました。
後から非公開になったようですが、既に色々な人が画像やコピーで記録して拡散してしまいました。
このように、記録を残しておくということは、何かがあった場合の証拠として機能します。

さて、この件について私が残念に思うのが、以下のことをコメントしているオッサン層が多いことです。
・残業100時間は多いというほどの時間では無い
・自分も残業100時間なんて目じゃないほど働いて成功した
・合わない職場だったら自分から辞めればよい

もうあきれるほどの長時間労働自慢ばっかりですよ。
人の不幸なニュースを利用して、自分のできるところを見せたい人が多すぎます。
特に経営者層にまで登り詰めた人は、今までの苦労が並大抵で無かったことを、なぜだかペーペーの新入社員に強要するかのようです。
バカじゃないの。

私が見えている範囲では女性で働き自慢をする人は少数でした。
敢えて努力アピールしているのは自分で社長とかやっている人です。
はい、貴女はデキルデキル!輝いているよ!

この人たちは何が女性新入社員を命を絶つまで追い詰めたのか知ろうとする姿勢がありません。
たぶん「こんな使えない新人が配属されたら自分でも困る」くらいに思っているのではないでしょうか。

しかし電通ほどの就活倍率が高そうな人気企業が本当に使えない人材を新卒採用することは考えにくいです。
採用に費用をかけて優秀な人が配属されても、使い捨てパーツのように扱う現場環境が異常なのだと思います。
お金がたくさんありそうだから、きちんと育てる教育プランも無く、根性や精神論でやっている昭和のままなんでしょうね。

もちろん伸び盛りのベンチャーなど体力的にハードワークが必要な職場もあると思います。
ただ、部下が使えないからといって一緒に理想を追ってくれる仲間を追い詰めるような仕打ちまではしないと思います。

色々な組み合わせが重なって、不幸なことになってしまいましたが、人が死ぬまで何も問題だと思わないことそのものが恐ろしいです。
しかも以前にも電通は自殺者を出しており、結局有効な対策ができなかった無能ぶりを露呈しています。
企業が社会に対して果たす役割をしていないという点では、障害者雇用における社名公表みたいな名指しの指導が必要です。

いくら細心の注意を払っても希に人が死んでしまう工事現場が、安全を守るためにどれだけの知恵と工夫を結集していることか。
建築や工作機械は怪我人や死人を出しながらも、不備を直しながら進歩してきました。

それと比べると今回の件はひどいとしか言いようがありません。

折しも、来月11月は過労死等防止啓発月間になります。
11月は「過労死等防止啓発月間」です |報道発表資料|厚生労働省

11月6日(日)は過労に関する相談ダイヤルの日です。フリーダイヤルでかけられます。
電話番号が「なくしましょう 長い残業」= 0120-794-713 というのが奮っていますね。

「過重労働解消相談ダイヤル」(無料)を全国一斉に実施し、過重労働をはじめとした労働条件全般にわたり、都道府県労働局の担当官が相談に対応します。
   実施日時     : 11月6日(日) 9:00 ~ 17:00 
   フリーダイヤル : 0120(794)713(なくしましょう 長い残業

全国でシンポジウムも開かれるのでお近くの会場に足を運んでみてはいかがでしょう。(事前申込制)
過労死等防止対策推進シンポジウム

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。

高田馬場駅異臭事件の容疑者女性がどう見ても統合失調症

高田馬場駅で乗客にスプレーを吹きかけて傷害容疑で逮捕された塚越裕美子容疑者(36)が、どう見ても精神病です。
妄想がひどいようなので、ドラッグなどの薬物を使用していないのであれば、統合失調症だと思います。
精神病当事者として個人的にも勘弁してくれよという事件です。

ニュース記事です
【高田馬場駅異臭事件】36歳女は芸名・如月優 妄想ふくらみ…「ノーブラで山本涼介君を追いかけっこ」「マスゾエ知事が私を可愛いって」(1/2ページ) – 産経ニュース (archive p1 p2)

この事件で駅で催涙スプレーを吹きかけられた人は災難でした。
こういった事件の被害者は、容疑者が病気であるとしても、このこと許すのは難しいことでしょう。
しばらくは鉄道の駅に行くのも恐怖感が残るかもしれません。

なお、容疑者の妄想はツイッターに投稿として垂れ流されて公開されていました。
自分がアイドルで芸能人とつきあいがあるという妄想です。

今年6月には「ジャニーズの男の子とデートしてたの!」と投稿。また、9月の投稿では「昨日夏休み最後の日にノーブラの私を山本涼介君が追いかけて私もノーブラで山本涼介君を追いかけっこしたの」「何日か前に仮面ライダーゴーストの会見で彼氏の小池徹平君が山本涼介君たちに近づかないでって言っててくれたの」としていた。

普通に気持ち悪いですし、今回は無関係の一般人に危害を加えたというところが問題です。

こういうことがありますと、他の人に何も悪いことをしない普通の統合失調症の人まで気味悪がられて避けられてしまいそうなのが悲しいです。
「偏見を持たないで」といくら訴えても、こういう事例があれば全てが吹っ飛んでしまいます。

統合失調症の経過で大きいのが「病識があるかどうか」だと思います。
この容疑者は病識があるようには見えません。

また、私の先入観かもしれませんが、公開されている容疑者の写真の表情に「プレコックス感」を感じます。
これは統合失調症の人の表情に特有の雰囲気を示す言葉です。
私が精神科に入院していた時の入院患者で似たような人がいたと思います。

陽性症状でカリカリ・イライラしている時の表情なのでしょう。
36歳と報道されていますが、もっと年上のように老けて見えます。
自分で笑顔のような表情を作ることができないからです。

容疑者は早く適切な治療を受けることができて、病識を持った上で、自分の行いや罪を受け止められるようになって欲しいと思います。

親身になって心配してくれる人が身近にいない人間は病気で人格も荒廃していき、止めることができるのは刑事事件になった時だけだとすると、他にも潜在的な犯行予備軍はまだまだいて似たような事件が繰り返される可能性があります。

最初に迷惑をかけてしまうのが家族や友人や同僚で、そこまでで収まる人間といきなり社会に危害を加える人。
「人間関係の格差社会」のようなものの存在があるような気がします。

いいね!ボタン押して下さい(ブログ村にランキング投票)

人気ブログランキングへ

クローバー 初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。もしブログの内容を気に入って頂けましたら読者登録RSSリーダーの登録よろしくお願いします。